2015年2月3日火曜日

創造力の抑圧

学校は世の中の創造的活動から取り残されている。音楽家が音楽の授業から、科学者が物理の授業から、画家が美術の授業から生まれるとか、育つと信じている人はいない。

実際学校は命令に従うことしか教えていない。やさしくて思いやりのある人々が子どもたちのために懸命になって接していても、学校と言う組織は学校の抽象的な論理によって押しつぶそうとする。
学校がチャイムを鳴らすとどれほど生徒が文学に夢中になっていても教科書やノートを閉じて英語の授業を受けないといけない。それはあたかも精神分裂病のようで、創造的活動とはかけ離れている。人は時間を忘れるほど集中しないと創造的活動は身にならない。

マサチューセッツ州のエドワードケネディ上院議員によれば、義務教育が導入される前の1850年に州の識字率は98%だったが、導入後は1990年の91%が最高だという。また、ホームスクーラーの思考力は、学校に通っている同級生より5年から10年進んでいるそうだ。考え始めると集中力を断ち切られることも、他人から評価されることもないためだろう。

学校制度は教育とは同義語ではない。学校と言う組織はホーレス・マンとシカゴ大学ハーパー、コロンビア教育大学のソーンダイクと言った人々が構想した大衆を厳しく管理することが目的であった。つまり、学校は公式通り行動する人間、コントロール可能な人間を生み出すために作られたのである。

その結果、社会は階層化が進み「支配階級」だけに自立と個性が許され、それ以外の大衆は自分の頭で考えることは望まれていない。従うことになれた人はひたすら言われたとおりに手を動かして得たわずかな稼ぎをテレビやばくちに費やすだけで、自分の頭で考えることをしない。

要するに、他人に対しても、自分に対しても、役に立たずに生涯を過ごすのだ。

こうした悲劇の原因は、ポール・グッドマンが言ったように、ばかげた学校制度にある。同じ年齢、同じ地域の人をまとめて監禁するような制度に従うことは、人生を台無しにすることに他ならない。それは人間のあらゆる可能性を奪い、人々を過去や未来から切り離して、ただ連続する現在にとどめようとするものだ。

情報化がこれ以上進めば極少数の支配階級と少数の未来への開拓者(科学者、芸術家、実業家)以外は、現在に生きることに精いっぱいになるだろう。未来を生み出すのは空想力であり、集中力だ。学校はそのいずれも押しつぶすことに夢中になっている。

チャイムの音で集中力を断ち切って教室を移動させ、プライベートな時間にまで踏み込んで「宿題」をやらせようとし、テストの成績という単純な記憶力でふるい分けをする学校。そんなところで伸び盛りの子ども時代を過ごさせるのは実に愚かなことである。


4 件のコメント:

すみこ さんのコメント...

うちの子のお友達の一人はチャータースクールに通っていますが、毎日4時間分の宿題が出されています。全部コンピューターでするそうです。とっても想像力豊かな子ですが、好きな本を読む時間さえないんですよね。家族と過ごす時間もないし、友達とも週末くらいしか遊べないし。
何かを創造する時間、空想する時間ももちろんないですよね。夏休みもずっと学校で勉強でしたよ。クリエイティブな作業時間を失くす事が学校側の目的なのかな?
元気がなくなってます。13歳だったらせめて1時間くらいの宿題でいいのに。

とうはん さんのコメント...

日本では親が先生に宿題を出してと頼むらしいですよ。さもなければ夜遅くまで塾通いで、コンビニの前でたむろしている子どもたちを見ると本当に痛々しいですね。

とうはん さんのコメント...

連絡を取りたいと言う方からコメントをいただきましたが、とうはんのメールアドレスは左メニューのラベルの一番下、「管理」をクリックして開くページに書いてあります。

匿名 さんのコメント...

全く共感です!貴重なメッセージ、楽しく読ませていただきました。
オススメビデオ等、FBでシェアさせていただきますね☆いくみより