2012年6月6日水曜日

卒業式謝辞

アメリカの高校の卒業式での総代エリカ・ゴールドソンさんの謝辞です。



エリカさんのホームページは
http://americaviaerica.blogspot.jp/p/speech.html

この映像はエリカ・ゴールドソンさんから掲載許可を受けています。

原文とその日本語訳です。 大変お粗末な翻訳ですから、ぜひご指摘ください。

 
There is a story of a young, but earnest Zen student who approached his teacher, and asked the Master, "If I work very hard and diligently, how long will it take for me to find Zen? The Master thought about this, then replied, "Ten years." 
The student then said, "But what if I work very, very hard and really apply myself to learn fast - How long then?" Replied the Master, "Well, twenty years." "But, if Ireally, really work at it, how long then?" asked the student. "Thirty years," replied the Master. "But, I do not understand," said the disappointed student. "At each time that I say I will work harder, you say it will take me longer. Why do you say that?" 
Replied the Master, "When you have one eye on the goal, you only have one eye on the path."
This is the dilemma I've faced within the American education system. We are so focused on a goal, whether it be passing a test, or graduating as first in the class. However, in this way, we do not really learn. We do whatever it takes to achieve our original objective. Some of you may be thinking, “Well, if you pass a test, or become valedictorian, didn't you learn something? Well, yes, you learned something, but not all that you could have. Perhaps, you only learned how to memorize names, places, and dates to later on forget in order to clear your mind for the next test. School is not all that it can be. Right now, it is a place for most people to determine that their goal is to get out as soon as possible.
I am now accomplishing that goal. I am graduating. I should look at this as a positive experience, especially being at the top of my class. However, in retrospect, I cannot say that I am any more intelligent than my peers. I can attest that I am only the best at doing what I am told and working the system. Yet, here I stand, and I am supposed to be proud that I have completed this period of indoctrination. I will leave in the fall to go on to the next phase expected of me, in order to receive a paper document that certifies that I am capable of work. But I contest that I am a human being, a thinker, an adventurer – not a worker. A worker is someone who is trapped within repetition – a slave of the system set up before him. But now, I have successfully shown that I was the best slave. I did what I was told to the extreme. While others sat in class and doodled to later become great artists, I sat in class to take notes and become a great test-taker. While others would come to class without their homework done because they were reading about an interest of theirs, I never missed an assignment. While others were creating music and writing lyrics, I decided to do extra credit, even though I never needed it. So, I wonder, why did I even want this position? Sure, I earned it, but what will come of it? When I leave educational institutionalism, will I be successful or forever lost? I have no clue about what I want to do with my life; I have no interests because I saw every subject of study as work, and I excelled at every subject just for the purpose of excelling, not learning. And quite frankly, now I'm scared. John Taylor Gatto, a retired school teacher and activist critical of compulsory schooling, asserts, “We could encourage the best qualities of youthfulness – curiosity, adventure, resilience, the capacity for surprising insight simply by being more flexible about time, texts, and tests, by introducing kids into truly competent adults, and by giving each student what autonomy he or she needs in order to take a risk every now and then. But we don't do that.” Between these cinderblock walls, we are all expected to be the same. We are trained to ace every standardized test, and those who deviate and see light through a different lens are worthless to the scheme of public education, and therefore viewed with contempt.
H. L. Mencken wrote in The American Mercury for April 1924 that the aim of public education is not to fill the young of the species with knowledge and awaken their intelligence. ... Nothing could be further from the truth. The aim ... is simply to reduce as many individuals as possible to the same safe level, to breed and train a standardized citizenry, to put down dissent and originality. That is its aim in the United States. (Gatto)
To illustrate this idea, doesn't it perturb you to learn about the notion of “critical thinking.” Is there really such a thing as “uncritically thinking?” To think is to process information in order to form an opinion. But if we are not critical when processing this information, are we really thinking? Or are we mindlessly accepting other opinions as truth?
This was happening to me, and if it wasn't for the rare occurrence of an avant-garde tenth grade English teacher, Donna Bryan, who allowed me to open my mind and ask questions before accepting textbook doctrine, I would have been doomed. I am now enlightened, but my mind still feels disabled. I must retrain myself and constantly remember how insane this ostensibly sane place really is.
And now here I am in a world guided by fear, a world suppressing the uniqueness that lies inside each of us, a world where we can either acquiesce to the inhuman nonsense of corporatism and materialism or insist on change. We are not enlivened by an educational system that clandestinely sets us up for jobs that could be automated, for work that need not be done, for enslavement without fervency for meaningful achievement. We have no choices in life when money is our motivational force. Our motivational force ought to be passion, but this is lost from the moment we step into a system that trains us, rather than inspires us.
We are more than robotic bookshelves, conditioned to blurt out facts we were taught in school. We are all very special, every human on this planet is so special, so aren't we all deserving of something better, of using our minds for innovation, rather than memorization, for creativity, rather than futile activity, for rumination rather than stagnation? We are not here to get a degree, to then get a job, so we can consume industry-approved placation after placation. There is more, and more still.
The saddest part is that the majority of students don't have the opportunity to reflect as I did. The majority of students are put through the same brainwashing techniques in order to create a complacent labor force working in the interests of large corporations and secretive government, and worst of all, they are completely unaware of it. I will never be able to turn back these 18 years. I can't run away to another country with an education system meant to enlighten rather than condition. This part of my life is over, and I want to make sure that no other child will have his or her potential suppressed by powers meant to exploit and control. We are human beings. We are thinkers, dreamers, explorers, artists, writers, engineers. We are anything we want to be - but only if we have an educational system that supports us rather than holds us down. A tree can grow, but only if its roots are given a healthy foundation.
For those of you out there that must continue to sit in desks and yield to the authoritarian ideologies of instructors, do not be disheartened. You still have the opportunity to stand up, ask questions, be critical, and create your own perspective. Demand a setting that will provide you with intellectual capabilities that allow you to expand your mind instead of directing it. Demand that you be interested in class. Demand that the excuse, “You have to learn this for the test” is not good enough for you. Education is an excellent tool, if used properly, but focus more on learning rather than getting good grades.
For those of you that work within the system that I am condemning, I do not mean to insult; I intend to motivate. You have the power to change the incompetencies of this system. I know that you did not become a teacher or administrator to see your students bored. You cannot accept the authority of the governing bodies that tell you what to teach, how to teach it, and that you will be punished if you do not comply. Our potential is at stake.
For those of you that are now leaving this establishment, I say, do not forget what went on in these classrooms. Do not abandon those that come after you. We are the new future and we are not going to let tradition stand. We will break down the walls of corruption to let a garden of knowledge grow throughout America. Once educated properly, we will have the power to do anything, and best of all, we will only use that power for good, for we will be cultivated and wise. We will not accept anything at face value. We will ask questions, and we will demand truth.
So, here I stand. I am not standing here as valedictorian by myself. I was molded by my environment, by all of my peers who are sitting here watching me. I couldn't have accomplished this without all of you. It was all of you who truly made me the person I am today. It was all of you who were my competition, yet my backbone. In that way, we are all valedictorians.
I am now supposed to say farewell to this institution, those who maintain it, and those who stand with me and behind me, but I hope this farewell is more of a “see you later” when we are all working together to rear a pedagogic movement. But first, let's go get those pieces of paper that tell us that we're smart enough to do so!


ある若者のお話しがあります。その熱心な禅の修行僧が師に行ってたずねしました。「もしすごく熱心にまじめに勤めると、どのくらいで悟りを開くでしょうか。」師はしばらく考えて答えた。「10年。」 その修行僧はさらに「もしもっともっと早く努力したとして、どのくらいになりますか」と聞いた。師は「そうさな、20年」と答えた。「でも、本当に本当にまじめに修行したとしたらいかがですか」と聞くと「30年」と答えた。「でも、分かりません」がっかりした修行僧は言った。「それぞれ、さらにがんばると言いましたが、長くなるだけです。なぜでしょうか」 師は答えた。「目的に向かって一つの目しか持たないときは、道には一つの目しかない。」
これが私がアメリカの教育システムに直面したジレンマでした。私たちはゴールに向かって、テストに合格するか、クラスで一番で卒業すると焦点を定めます。しかしながらこの方法では私たちは本当に学ぶことはできません。私たちは本来の目的に到達するためであれば何であれやります。
あなた方のうちの誰かはこう考えるでしょう。「でも、テストに合格し、総代になることで何かを学んだんではなかったか」と。そう、本来手に入れることができることすべてではなく、何かを学習しました。次のテストのため頭をきれいに忘れて、名前や場所そして日付をいかに覚えるかを学んだでしょう。学校はそれがそうでありうるすべてだとは限りません。現在、そこからできるだけ早く抜け出すことをほとんどの人が考えている場所なんです
私は今その目標を達成しつつあります。私は卒業しつつあります。とりわけクラスのトップとしての私はこれを肯定的な経験として捕らえなければなりません。しかしながら、振り返ってみると私が仲間と比べてより知的であるということはできません。私はここで聞いたこと、勉強したことは証明できます。しかし、ここに立ち、勉強したこと、この期間に教え込まれたことを完了したことを誇りに思うように考えさせられています。私はこの秋、仕事をできるという証明書をもらうため、私が希望する次の段階に行きます。しかし、私は労働者ではなく、人間、思想家、探検家として議論します。労働者は彼のために設定されたシステムの奴隷として繰り返しの中に閉じ込められている人です。しかし今、私は私が最高の奴隷としてうまくいったことをお見せしています。私は極端に伝えられたことをお話しました。他の人が座って後に偉大な芸術家になるための落書きを描いていたのに対し、私は座って偉大なテストを受ける人になるためにノートをとっていました。彼らは自分たちに興味のある本を読むため、宿題をしないでクラスにきていましたが、私は一度も課題を忘れることはありませんでした。彼らが作曲や作詞をやっている間、私は自分が必要ともしない特別な履修単位を受けることを決めていたのです。それで、私はなぜこの地位を欲しかったのか、不思議です。確かに、欲しかったのです、しかしそれによって何が手に入ったか。私が教育制度を離れるときにあたって、私は成功したのでしょうか、それとも永久に失ったのでしょうか。私は自分の人生においてなすべきことについて何も手がかりすらありません。私には興味がありません。
なぜなら、仕事としての勉強の目的をすべて見ましたが、そして私は学びではなく、教科の目的ではすべてに対し卓越していました。素直に言って、今私はひどく恐れています。
退職した先生で義務教育の批判者であるジョンテラーガットは「われわれは若さ-好奇心、冒険心、回復力、驚くべき洞察力のための能力は単に時間、テキスト、およびテストについて、より柔軟であることによって、真に有能な大人に子供を導入することにより、すべての今してリスクを取るために彼または彼女は必要なもの自律各生徒を与えることによって。の最高の力を力づけることができた。しかし、我々はそれを行いません」と断言しています。これらの軽量ブロック壁の間に、我々はすべて同じになるように期待されています。私たちは、すべての標準検査に対して一番になるように訓練され、そこから外れたか違うレンズで見るものたちは公教育の組織からは価値のないものと見られ、それゆえに軽蔑の目で見られるのです。
H.L.メンケンはThe American Mercuryの1924年4月号で公教育の目的が知識で若者の種を満たし、それらの知性を目覚めさせないことであると書きました。… とんでもありません。目的は... 単純に多くの人々を同じレベルに落とすためで、普通の市民を育て、訓練するためで、異議や独創性をいやしめるためである。それがアメリカの目的なのです。
この考えを例証するなら「批判的思考」の概念について学ぶことであなたを不安にさせませんか。「非批判的思考」としてそのようなものはありますか。思うのは、意見をまとめるために情報を処理することです。
しかし、この情報を処理するとき、批判的でないなら、私たちは本当に考えていますか。あるいは、私たちは真実としてほかの意見を思慮なく認めていますか。
それが私に起こっていました。そして、それが私に私の心を開いて、教科書主義を受け入れる前に質問をさせたアバンギャルドの10番目にグレード英語の教師のドナ・ブライアンのまれな出来事のためのものでなかったならば、私は運命づけられたでしょう。 私は現在、啓発されますが、私の心はまだ障害があるように感じています。 私は、自分を再教育して、絶えずこの表面上気が確かな場所が本当にどれくらい狂気であるかを覚えていなければなりません。
そして、私は恐怖によって導かれた世界に現在ここにいます、私たちはユニークさを抑圧して、私たちが協同組合主義と実利主義の冷酷なナンセンスに黙って従うか、または変化を主張するか選べる世界にいます。 私たちはオートメ化された仕事のために、ひそかに私たちを組み立てる教育制度では元気付けられません、する必要はない仕事のために、重要な実績に関する熱意のない奴隷状態のために。 私たちはお金が私たちの動機づけの力である人生において選択の余地がありません。 私たちの動機づけの力は情熱であるべきですが、これは私たちが私たちを奮い立たせるよりむしろ私たちを訓練するシステムに組み込まれた瞬間から失われています。
私たちは私たちが学校で教えられたという事実を不用意に漏らすように条件付けられた機械的書庫よりも多いのです。
われわれはみんな特殊です、この惑星のすべての人間がとても特別であるということであるので、私たちはみんな何かよりよいもの、記憶より革新に、役立たずな活動より創造性に、賃貸よりも思索などを授けられるべきではありませんか。
私たちは学位をとるために、また仕事を得るためにここにいるのではなく、次々と産業によって認められた慰めを買うことができます。さらにもっとさらに。
最も悲しいことは、学生の大部分が私がやっていたようには、思案する機会を持っていないということです。多くの学生は、同じ洗脳のテクニックを通して、大企業と秘密主義の政府のために働いている満足そうな労働力、およびすべての最悪を作るために卒業させられ、そのことをみんなまったく気づかないのです。私はこの18年を戻すことはできないのです。教育システムが制約よりむしろ教化していることになっている状態では、私は遠く他国を頼ることができません。私の人生のこの部分は終わりました、そして、他のどんな子供も力により搾取とコントロールで意図的にその人の可能性を抑圧させないのを確実にしたいと思います。我々は人類です。私たちは考える人であり、夢見る人であり、探検家であり、芸塾かであり、小説家であり、エンジニアです。私たちはなりたいものになれますが、ただ私たちが押さえ込むのではなく支持する教育システムを持つ限りにおいて。木は健康な大地が根を支えているのであれば育つことができます。
机に座らされて、指導者の権威的な空論に屈服させられてもがっかりしないようにしてください。あなたには、立ち上がって、質問して、批判的であり、あなた自身の見解を作成する機会がまだあります。それを指示する代わりに心を広げることができる知力を提供するように要求してください。クラスに興味を持つことを要求してください。 「テストのためにこれを学ばなければならないこと」が口実であり、余計なこと主張してください。 適切に使用されるなら教育が素晴らしい道具ですが、成績が良いというよりもむしろ学習に集中してください。
私が強く非難しているシステムの中の人を、侮辱しているのではありません。 私は動機づけるつもりなのです。 あなたたちには、このシステムの「不-能力」を変えるパワーがあります。私は、あなたの学生が退屈していることを確認するためにあなたが教師か管理者にならなかったのを知っています。あなたは何をどう教えたらよいかを指示する理事会の権威を受け入れることができません、それと、応じないとあなたが罰せられます。 私たちの可能性は危機にひんしています。
私は、今この校舎を出て行くにあたって、私は言います。この教室で教室で起こったことを忘れないようにしてください。 あなたに続くものを見捨てないでください。 私たちは新しい未来です、そして、伝統を守るつもりはありません。 私たちは、知識の庭がアメリカ中で発展するように不正の壁を破壊するつもりです。一度適切に教育されれば、私たちには、何であれ、最善を尽くすパワーがあるつもりです、よきことに力を使うでしょう、私たちは賢明で上品になるでしょう。
私たちは何も額面通りのものを受け入れるつもりではありません。 私たちは質問するつもりです、そして、真実を要求するつもりです。
そうです、私はここにたっています。卒業生総代として一人でたってはいません。私は自身の環境、私を見ながら座っている私の仲間のすべてによって今があります。あなた方なしでは達成できませんでした。それは本当に私を今日の人間にしたあなたたちすべてです。それは競争相手であり、私の力です。そういう意味で私たちはみんな総代です。
私は、現在、この団体、それを維持する人、および私と私の後ろに立つ人に告別の挨拶するべきですが、私たちが皆、教育学活動を立ち上げるために一緒に活動するとき、この送別が「また会いましょう」の以上であることを願っています。 しかしまず、私たちが賢いと言う紙をもらいに行きましょう!

1 件のコメント:

すみこaka銀龍 さんのコメント...

のっけから、人生あせってはいけないという禅マスターの教え!!キリストが国教(のような)この国でぶっ飛びです。

総代になったのは最高の奴隷だって証拠。
一人ひとりの人間は価値のある特別な存在。
だから暗記よりイノベーション、つまらないことをするより創造性のあることをするに値する。

暗記したものは次のテストのために忘れる。

かみっぺらをもらったから卒業。

何時、スピーチを中断されるかハラハラ、ドキドキでした。